BIHACURE(ビハキュア)のレビュー…唯一悪いところと最安値の情報も!

BIHACURE(ビハキュア)を試してみた私の口コミ!

BIHACURE(ビハキュア)は、徹底的に白さを手に入れることができる美白クリーム!

こんにちは、今日はそんなBIHACURE(ビハキュア)のレビューをお届けしたいと思います。

BIHACURE(ビハキュア)に興味をお持ちの方は、どうぞ1つの意見として参考にしてみてください。

★☆★ 私がBIHACURE(ビハキュア)に興味を持ったきっかけ! ★☆★

真っ白で雪のようと言われていた私のお肌に、ポツンと一つシミが出来たのは少し前のことです。

紫外線対策もバッチリにしてはいたのですが、やはり年齢には勝てないのでしょうか。

デパートの化粧品売り場にて調べていただいたところ、更にお肌の中には隠れシミ・予備軍となるものが育っていたのです。

このままだと、どんどん増えていくばかりで、なんだか脅威を覚えてしまったんです。

そうしてお肌を見るようにすると、なんとなくくすんで、ワントーンくらい暗くなっている気もします。

何より目の下のクマも濃くなっていて、最近周囲の方々に疲れているのかと心配されることが多くなっていましたが、これが原因かと妙に納得しました。

取り敢えず、デパートで教えてもらったエイジング化粧品を試してみようかと思ったのですが、びっくりするぐらい高いお値段です。

顔の劣化が信じられず、思い切って普段行かないデパートに行った私には、とてもじゃないけど、ずっと続ける金額ではありませんでした。

もっと安いものをと思って、ワンランク下の専門店やドラッグストアで探してみたのですが、どこに行っても結果は同じ。

エイジング化粧品というと、どれも高いのが相場と決まっているようでした。

お高いスキンケア製品、いったい何が入っているのだろうと成分表示を見たところ、そこには香料や鉱物油・アルコール・着色料といった文字が並んでいるものもあって、品質にも疑問を感じるようになったのです。

以前、通販化粧品の方が品質が良いものが多い…そういった話を化粧品に詳しいお友達に聞いていたことがあったので、次にインターネットで探すことにしました。

しかし、私みたいな素人がネットで化粧品を探そうとしても、一体どれが本当に良いものか、見当もつきません。

とにかく美白の化粧品といったら、たくさんありすぎです。

そんなことをお友達に話したら、だったらこれをオススメするわ…と言って教えてくれたのがBIHACURE(ビハキュア)です。

BIHACURE(ビハキュア)だったら医薬部外品だし、私も今これ使っているところだから問題も起こらないと思うよ…って。

だったら効果の方も期待できそうです。

それにBIHACURE(ビハキュア)は、楽天のフェイスクリーム部門で第1位といった実力もある美白のスキンケア製品みたいでした。

そうして教えてもらったBIHACURE(ビハキュア)、興味が強く湧き起こってきたので、さらに詳しく調べてみることにしました。

★☆★ BIHACURE(ビハキュア)について詳しく調べてみた! ★☆★

BIHACURE(ビハキュア)にはいつまでも若く、お肌を透明感いっぱいに輝かせる秘密があるはずです。

徹底美白を謡っていて、リピート率も91パーセントと脅威の数字を誇っているらしく、その秘密はダブルで有効成分を使っているところにありました。

黒色メラニンを作らせないハイドロキノン誘導体、そしてメラニンそのものを作らせないトラネキサム酸です。

この二つの有効成分をダブルで使用することで、お肌の奥・角質層までしっかり届いて効果を発揮するんだそうです。

何しろBIHACURE(ビハキュア)は医薬部外品、効き目があることは実証されているのです。

厚生労働省が認可しないと「医薬部外品」という文言を使うことはできません。

更に、厳選された天然由来のエキスが、お肌本来の生きる力を支えてくれます。

スクワランやメドウフォーム油、水添大豆リン脂質が潤いを与え、アロエエキスや天然のビタミンEなどが外部からの刺激から守ってくれます。

引き締めてキメを整えるのは、陳皮エキスやうめ果実エキスだそうです。

自然の力を借りているからこそ、弱ってしまったお肌に優しく作用するのでしょう。

とにかく成分にこだわったBIHACURE(ビハキュア)は、私のお友達が大絶賛。

彼女はすでに49歳という年齢になっているのですが、そんな年齢を微塵も感じさせられないお肌です。

意外や意外、ガーデニングが趣味ということで、一日中外にいて紫外線を浴びることもあるようです。

それなのに、あの白さはなんなんでしょう…BIHACURE(ビハキュア)の凄さが分かります。

『どれだけ高級なものを使うかよりも続けることが大切』

いつもそんなことを言っているお友達ですが、この言葉からエイジング化粧品の選び方がよく分かりました。

高いからと少しずつしか使えないのならば、効果が得られるはずがありません。

BIHACURE(ビハキュア)なら、何しろ入っているものも他とは違います。

それに、お値段的も決して手が届かない価格ではなさそうでした。

いろいろBIHACURE(ビハキュア)について調べていく中で、試してみたい気持ちがより高まりました。

私と言えば、お友達よりもまだまだ若い年齢ながら、すでにお肌は負けています。

でもBIHACURE(ビハキュア)を使って年齢を重ねていけば、なんとかなるような気がしてきました。

★☆★ BIHACURE(ビハキュア)の評判はどんな感じ?…口コミを調べてみた! ★☆★


※出典:BIHACURE(ビハキュア)公式サイト
※口コミはあくまで個人の感想ですので、使用感や効果には個人差があります。


次に、BIHACURE(ビハキュア)を実際に使った方の口コミ評判も調べてみました。


 鹿児島県 さくらさん 43歳

透明感のある、すっぴん肌が憧れでした!

若い頃はシミ対策をあまりしていなかったこともあり、とうとうツケが回ってきてしまいました。

次々と増えるシミに、鏡の前で悩み続ける日々…。

そんな時、ママ友から医薬部外品を使うことをアドバイスされ、選んだのが「ビハキュア」。

肌に直接塗るものなので、無添加なのもgoodでした。

使い始めて2本目で、すっぴんに自信をもてるようになってきました。

私のお気に入りです。


 東京都 恭子さん 56歳

シミを隠そう、と化粧を頑張っていたら、息子から「厚化粧だね」というショックな一言が…。

隠すだけじゃ駄目だ、と思っていた時に、偶然見つけたのがビハキュアでした。

購入の決め手は美白成分ハイドロキノン誘導体と、トラネキサムさんが入っていること。

顔全体にたっぷり塗って、1ヶ月に1本ペースで使っています。

息子や夫からは「最近きれいになった?」と言われちゃいました。

厚化粧からも卒業できそうです。


 千葉県 ふーみんさん 51歳

50代になってから、急激に肌の衰えを感じるようになりました。

シミやそばかす…年齢的にお肌がすごくきれいな友人に教えてもらったのがビハキュアです。

クリームは伸びが良くてベタつかず、すぐに肌へなじんでいく感じなのも使いやすくていいですね。

美白ケアは長く続けることが大事だと思うので、これからもお世話になります。


公式ホームページに掲載されていたBIHACURE(ビハキュア)の口コミを、そのままご紹介させていただきました。

他の口コミサイトやECサイトをチェックしてみても、さすがは楽天ナンバーワンの商品だけに、とにかく多くの方が利用されていてびっくりです。

BIHACURE(ビハキュア)ってこんなにも多くの女性が使っているんだと。

そしてそのほとんどが良い評価を挙げていたのです。

医薬部外品としての実力は確実、シミが目立たなくなったという喜びの声多数です。

一度出来てしまたら増える一方と思っていたシミですが、希望が持てそうです。

忙しい毎日で日焼け止めクリームをこまめに丁寧に塗り込むのは難しかったりしますが、化粧品でカバーできるのとてもラクチンです。

また自然の成分由来の製品となると、即効性が無く、少なくとも数ヶ月間は続けなければ変化はありません。

となるとどうしても継続が大変だったりするものです。

でもBIHACURE(ビハキュア)だったら、今まで使っていたものより効果が現れのが早いと、そんな口コミも見られました。

リピート率が90パーセント越えというのには、そういう所に秘密があるのかもしれません。

それから自然由来だからこそ、デリケート肌の方でも安心して使えたという声も多く上がっていました。

美白化粧品というと、デリケートなお肌・敏感肌や乾燥肌だったら、特に注意が必要と言われてます。

でもピリピリしなかった、赤くならなかったと言う事ですから、期待出来そうです。

年齢を重ねる中で、お肌が乾くのがトラブルを目立たせる最大の要因と言われています。

さらにBIHACURE(ビハキュア)は保湿効果も抜群の化粧品。

しっとりモチモチ肌となって使い心地も最高のようです。

とにかくたくさんの方がるBIHACURE(ビハキュア)を使用されていて、だからこそ悪い口コミも無いわけではありません。

シミが消えなかった、目立たなくなることは無かったという方もいないわけではありませんでした。

ある程度くっきりと付いてしまったものは、ダブルの美白成分でも対抗するのは難しくなるみたいなのです。

つまり始めるなら出来るだけ早い方が良いということのようです。

今、たった一つ墨を一滴落としたように広がり始めている私のシミですが、すでに予備軍はあるに違いありません。

そして年齢を重ねていくごとに、いくらでも増えていき、表に現れてくることでしょう。

そうなる前にBIHACURE(ビハキュア)で食い止めようと思いました。

お肌の白さだけでなく、乾燥にも効果を発揮するのであれば、わざわざ2つのエイジング化粧品を買う必要もありません。

経済的にも時間も節約出来そうです。

★☆★ BIHACURE(ビハキュア)を試してみた! ★☆★

BIHACURE(ビハキュア)のお値段は1本9,980円。

決して安くはありませんが、エイジング化粧品の中では1アイテムが1万円を超えているものがザラにありますし、ライン使いにしたらとんでもない金額になってしまいます。

その点BIHACURE(ビハキュア)には『チャレンジコース』と言う名の定期コースが用意されていて、とってもお得に始めることができました。

そうして届いたBIHACURE(ビハキュア)ですが、白ベースのパッケージが高級感がありオシャレです。

化粧水 ⇒ 美容液 ⇒ 乳液といつも通りのスキンケアをした後に使用することとなります。

パール粒1つか2つ分とほんの少量です。

ですが、BIHACURE(ビハキュア)は伸びの良いテクスチャーで、顔全体にしっかりと広がってくれました。

小さめサイズの容器なので心配していましたが、十分1ヶ月程度は持ちそうです。

それに小さいからこそ化粧ポーチにもスッと入って、仕事場や旅行先など手軽に持ち運びできるのも利点です。

優しく顔全体に広げたら、手のひらで包み込むようにじっくりと馴染ませて、その工程は自身の顔が宝物といった感じで優しく扱っているのを感じました。

忙しくてついつい放ったらかしにしていた自分の顔ですが、もう一度きちんと向き合える時間となったのです。

塗った後は評判通り、しっとりモチモチ、久しぶりの感覚です。

でもベタつくわけではなく、角質層へと吸収されていったのが感じられました。

ですので、その後にファンデーションを塗ってもよれるような事はなかったです。

それよりもなによりも、お化粧のノリがよかったので、ずいぶん後の工程が楽になりました。

途中に化粧直しも不要になったし、夕方までもっちり感は続いてくれたので、持続性の良さも感じました。

最初懸念してたのが、今までも朝はバタバタで忙しかったのに、BIHACURE(ビハキュア)を使っての工程が一つ増えてしまうという点です。

しかし、メイクがとてもスムーズにいったので、そんな心配もどこかへ吹っ飛んでしまいました。

むしろ、以前より楽になることができましたね。

★☆★ BIHACURE(ビハキュア)…私の評価! ★☆★


良いところ!

皆が大絶賛のBIHACURE(ビハキュア)の良いところをまとめてみました。

まずは、お肌への安全性の高さはポイントが高いです。

何しろ自然由来の成分がたっぷりですし、それに6つもの無添加となっているのです。

一部のお高いエイジング化粧品に入っていて不安を感じた香料も着色料も、BIHACURE(ビハキュア)には入っていません。

お肌にとって、本当に必要な成分だけで構成されているのです。

それだけでも十分なのに、パッチテストまで行っています。

かぶれやアレルギーが起こらないか、専門家の目で見て大丈夫と太鼓判を押された製品だけが我々の元へとやってきているのです。

作られているのはISO9001基準の安心安全な国内工場だそうです。

製造において厳しい管理基準が設けれ、徹底した衛生管理が行われていると言います。

薬ならともかく、化粧品でここまでのこだわりは珍しいことなんだそうです。

とは言っても、スキンケア製品というものは、合わない方がゼロというわけにはいきません。

高いお金を払ってダメだった時のダメージは大きいものです。

だからこそ、BIHACURE(ビハキュア)はチャレンジコースとして最初をとことんお安くしているのでしょう。

それ以降も割引が続き送料だってかかることはありません。

エイジング化粧品と言うと、お値段の面で手が出せずにいた方は私の他にもきっと大勢いらっしゃいます。

その点、BIHACURE(ビハキュア)はそう言った点…価格面でも良さがあると思います。

また定期コースだからこそ、後は放っておいても定期的に届いて、忙しい毎日を送る現代女性たちの手を煩わせることはありません。

支払いはクレジットカードやコンビニ後払い、煩わしさを極力減らした支払い手続きにも有り難さを感じました。

特にクレジットカードだと自動で支払いが行われてポイント還元も付いてと、今なら断然おトクなので、私はこちらを選んでいます。

それからBIHACURE(ビハキュア)は環境保全にも取り組んでいるそうです。

今の時代、環境問題に関しては環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが声高々に訴えてますし、環境大臣と言えば小泉 進次郎さんです。

また、ノーベル賞を受賞された吉野彰さんも頻繁に口にされてますね。

そんな時代にもBIHACURE(ビハキュア)はバッチリ対応してて、再生紙を使用した箱で届くのです。

シンプルなパッケージは何が入っているのか配達者や近所の方に知られる心配もないですし、プライバシーもしっかり守られます。

年齢を感じさせたくない、それにそのために努力していることを知られたくないという乙女心も分かってくれているのです。

BIHACURE(ビハキュア)はきちんと適量を使っていれば、良い効果をもたらしてくれるでしょう。

本当に良いものと出会えた…ひと言で言うと、そんな感想を持っています。


悪いところ!

BIHACURE(ビハキュア)のおかげで、歳をとることが怖くなくなりました。

紫外線だってもう大丈夫、積極的に外に出ていき活動するようになって、お肌だけでなく気持ちも明るくなることができました。

そんなBIHACURE(ビハキュア)、悪いところなんて一つもないと言いたいところですが、気になる点はたった1つあります。

とにかく人気の製品だけに在庫が非常に少なくなっているという気になる記事が、公式サイトに出ていたのです。

美白対策はコツコツ毎日続けてこそ、効果を発揮します。

万が一在庫が切れて、発送が一時期ストップしてしまえば、それまでの苦労が泡となってしまいます。

実際BIHACURE(ビハキュア)を製造してる会社は、大手ではありません。

だからこそ、品質にとことんこだわり、価格も抑えたものができるのでしょうが、大手ではないこそ、その分いつそんなことが起こっても、おかしくはないのです。

最近はSNSで情報が一気に拡散されるので、その影響で在庫がなくなってしまった!

……一部の商品では、そんな話もよく耳にするようになり、現実問題として起こっています。

どうかBIHACURE(ビハキュア)に限っては、決してそんなことが起こらないよう願うばかりです。

★☆★ BIHACURE(ビハキュア)のキャンペーン情報! ★☆★

では最後に私も利用させていただいた、BIHACURE(ビハキュア)がとってもお得に始めることができる公式キャンペーンをご紹介して終わりにしますね……

BIHACURE(ビハキュア)のキャンペーン情報【詳細】はコチラ

≪BIHACURE(ビハキュア)の商品情報≫
【有効成分】
トラネキサム酸、アルブチン

【その他成分】
BG、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマー、水酸化Na、スクレロチウムガム、フェノキシエタノール、スクワラン、メドウフォーム油、トリエチルヘキサン酸グリセリル、セテアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、ジメチコン、セスキオレイン酸ソルビタン、SEステアリン酸グリセリル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、水添大豆リン脂質、天然ビタミンE、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、ピロ亜硫酸Na、1,2-ペンタンジオール、アロエエキス-2、酵母多糖体末、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、チンピエキス、ウメ果実エキス、シルバーバイン果実エキス

【効果効能】
メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

【おすすめのご使用方法】
いつものお手入れ後に、パール1~2粒分のビハキュアを手に取り、額・あご・両ほほ・鼻に置いてください。優しく両手で顔全体に伸ばします。手のひらで顔全体を包み込むようにじっくりとなじませてください。


■LINK■